国立大学法人九州大学 応用力学研究所

English 所内限定 Search Sitemap Site Policy

共同研究 募集内容

  • Home
  • 共同利用研究
  • 公募案内
  • 共同研究 募集内容

2-3. 新エネルギー力学分野

(1)特定研究

【 特定研究3 】
研究テーマ: 自然エネルギー有効活用に資するエレクトロニクスおよび関連材料技術
研究統括者: 西澤 伸一
概要: 電力・回路・制御の境界領域として始まったパワーエレクトロニクスは、自然・再生可能エネルギーの積極的導入、高度情報化社会・IoT、E-モビリティなどのメガトレンドにあわせて、マイクロエレクトロニクス、材料技術、情報技術などと融合した新しい技術領域へ変貌しつつあります。本特定課題では、この新しいエレクトロニクスとそのシステム(グリーンエレクトロニクス)の実現を目指して、電力エネルギーの視点に立ち、自然・再生可能エネルギーのさらなる有効活用、次世代のエネルギーシステムの構築のため、以下の研究を募集する予定です。

・次世代パワーデバイスおよび半導体材料(結晶成長~プロセス~デバイス)
・次世代パワーエレクトロニクスシステム用受動部品
・次世代パワーエレクトロニクスシステム集積化技術
・次世代パワーエレクトロニクス信頼性・設計技術
・新エネルギーグリッドを支える電力変換システム及び応用技術

(2)若手キャリアアップ支援研究

 パーマネントなポストではない研究者を対象とし、専門的知識や研究能力の向上を目的に、新しい風力発電システムの実証、およびそれら新規構造体概念の提案、太陽エネルギーの新規材料・デバイスの開発、海洋エネルギーの開発、新エネルギーの統合運用システムなどの新領域の開発、太陽光発電や省電力発光デバイス、電力変換デバイス用結晶成長、に関する共同研究を公募いたします。

(3)一般研究

 新エネルギー力学分野では、風力エネルギーの有効利用のため、新しい風力発電システムの実証研究、およびそれら新規構造体概念の提案、太陽エネルギーの新規材料・デバイスの開発、海洋エネルギーの開発研究、新エネルギーの統合運用システムなどの新領域の開発にも力を注いでいきたいと考えています。また、太陽光発電や省電力発光デバイス、電力変換デバイス用結晶成長に関する研究開発を進めていきたいと考えております。多数のお申込を歓迎いたします。

(4)研究集会

 「一般研究」の項で示した研究内容に関する研究集会について公募します。


 

PAGE TOP