国立大学法人九州大学 応用力学研究所

English 所内限定 Search Sitemap Site Policy

業績

  • Home
  • 研究活動
  • 業績
 
2017 年度

2017.07

» 詳細はコチラ

柿本浩一教授(結晶成長学分野)が、ルーマニア材料科学結晶成長学会より『ROMANIAN MATERIALS SCIENCE CRYSTAL GROWTH SOCIETY』を受賞しました。 icon_new.gif


2017.05

» 詳細はコチラ

大気環境モデリング分野の鵜野伊津志教授、原由香里助教、弓本桂也准教授が、国立環境研究所と日刊工業新聞社が主催する 平成29年度「環境賞」において、『優良賞』(飛来粒子観測網の構築と予測モデルの開発)を受賞しました。


 
» 詳細はコチラ

柿本浩一教授(結晶成長学分野)が、応用物理学会フェローに選出されました。


2017.04

» 詳細はコチラ

竹村俊彦教授(気候変動科学分野)が、クラリベイト・アナリティクス社(旧:トムソン・ロイター社)から『 Highly Cited Researchers 2016 』(高被引用論文著者)の証書を授与されました。



 
2016 年度

2017.02

» 詳細はコチラ

本研究所が九州大学極限プラズマ研究連携センターと連携して行なっている「非平衡極限プラズマ全国共同連携ネットワーク研究計画」が、日本学術会議が策定している第23期学術の大型研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2017)の重点大型研究計画 28 件の一つに採択されました。


2016.11

» 詳細はコチラ

竹村俊彦教授(気候変動科学分野)が、Highly Cited Researchers 2016(高被引用論文著者)に選出されました。3年連続の Highly Cited Researchers 選出です。


 
» 詳細はコチラ

竹松正樹名誉教授が、平成28年11月3日付けで発令された『平成28年秋の瑞宝中綬章』を受章されました。


2016.09

» 詳細はコチラ

対馬海峡の海洋レーダーシステムを維持管理している東アジア海洋大気環境研究センターに対して、9月28日に海上保安庁長官表彰を受けました。


2016.08

» 詳細はコチラ

寒川義裕准教授(結晶成長学分野)の作品が、第18回結晶成長国際会議(ICCGE-18)(8/7-12, 名古屋国際会議場)のフォトコンテストに入賞しました。


2016.04

» 詳細はコチラ

小菅佑輔助教(高エネルギープラズマ分野)が、第10回(2016年)日本物理学会若手奨励賞(Young Scientist Award of the Physical Society of Japan)を受賞しました。



 
2015 年度

2016.03

結晶成長学分野所属の草場彰氏(M2)が、『平成27年度 九州大学 学生表彰』を受賞しました。


 

海洋力学分野所属の松永奈々氏(M1)が、東京大学にて開催された日本海洋学会2016年度春季大会において『若手優秀発表賞』を受賞しました。
◆受賞題目『 カルボニル・インデックスを指標とした日本近海を漂流するマイクロ・プラスチックスの劣化度マッピング 』


2015.12

柿本浩一教授(結晶成長学分野), 胡長洪教授(海洋環境エネルギー工学分野), 竹村俊彦教授(気候変動科学分野)が、平成27年度 九州大学研究活動表彰を受賞しました。


2015.11

川建和雄名誉教授が、平成27年11月3日付けで発令された『平成27年秋の瑞宝中綬章』を受章されました。詳しくは 内閣府HPをご覧ください。 平成27年秋の中綬章受章者名簿


2015.10

内田孝紀准教授(風工学分野)が、ISIT 創立20周年記念 九州先端科学技術研究開発表彰にて、情報通信分野(IT)賞を受賞しました。なお、平成 27 年 11 月 5 日(木)に福岡市において開催予定の「(公財)九州先端科学技術研究所20周年記念セミナー」の会場にて表彰式が行われます。詳しくはこちら


2015.09

結晶成長学分野所属の草場彰氏(M2)が、ボローニャ(伊)にて開催された "5th European Conference on Crystal Growth (ECCG5)" において "Poster Prize of Italian Association of Crystallography (AIC) " を受賞しました。会期中の 9 月 10 日にバンケット会場(Palazzo Gnudi)にて授賞式が行われました。


 

竹村俊彦教授(気候変動科学分野)が、トムソン・ロイター社が発表する Highly Cited Researchers 2015(高被引用論文著者)に選出されました。Highly Cited Researchers は、世界中で引用された回数の多い論文の著者を研究分野ごとにリストアップしており、Geosciences(地球科学)分野で選出されました。日本に在籍する研究者で地球科学分野における選出は竹村教授が唯一です。また、九州大学からの選出は全21分野を通して竹村教授が唯一です。 * 本学HPでの紹介サイトはこちら


2015.05

竹村俊彦教授(気候変動科学分野)が、2014 年度(第1回)地球惑星科学振興西田賞を受賞しました。
◆受賞題目『 全球エアロゾルモデルの構築と気候変動に対するエアロゾルの影響の研究 』


 

岩崎慎介学術研究員(海洋力学分野)の論文が Nature グループのオンラインジャーナル(Scientific Reports)に掲載されました。
◆論文名『 Fortnightly atmospheric tides forced by spring and neap tides in coastal waters


 

高冰特任准教授(結晶成長学分野)が、8th International Workshop on Crystalline Silicon for Solar Cells において " Ulrich Goesele Young Scientist Award " を受賞しました。授賞式・記念講演は 5 月 7 日にBamberg Concert and Congress Hall(Bamberg, Germany)で行われました。


2015.04

千手智晴准教授(海洋動態解析分野)が、2015 年度日仏海洋学会賞を受賞しました。授賞式・記念講演は、6 月 27 日(土)に東京で開催される総会および学術研究発表会にて行われました。
◆受賞題目『 日本海の深層水の形成・循環・変質過程に関する研究 』


 

佐々木真助教(高エネルギープラズマ分野)が、第9回(2015年)日本物理学会若手奨励賞(Young Scientist Award of the Physical Society of Japan)を受賞しました。受賞対象論文 / 研究情報


以前の業績

 

PAGE TOP