国立大学法人九州大学 応用力学研究所

English 所内限定 Search Sitemap Site Policy

研究の実施・研究成果報告

  • Home
  • 共同利用研究
  • 公募案内
  • 研究の実施・研究成果報告

4-1. 研究経費等

 研究代表者には、予算の範囲内で、研究経費および旅費が支給されます。また、研究協力者にも予算の範囲内で旅費が支給されます。共同研究の実施に当っては、まず所内世話人と連絡をとって行って下さい。

4-2. 研究成果報告

 選択された研究課題については、研究成果報告書の提出要項により成果報告書を作成のうえ提出していただくと共に、研究成果報告会でご報告いただくことがあります。なお、報告会の詳細は採択課題の研究代表者に後日お知らせいたします。

4-3. 研究成果報告書の提出要領

(1)報告書作成の目的

 共同研究は本研究所の主要な活動の一つであり、共同研究において実施された内容を各研究者が閲覧できるように、報告書としてまとめるものです。

(2)報告書の形態

報告書

 「一般研究」は2頁、「研究集会」は4頁、「特定研究(総括)」は1頁、「特定研究(個別課題)」は2頁に報告書をまとめて下さい。用紙は A4 版で1頁あたり 2,000 字程度とします。書式は右図を参考にしてください。1行目の中央に研究課題名を,3行目右詰めで研究代表者の所属と氏名を、5行目から本文を書いて下さい。なお、研究代表者と研究協力者の年齢と性別を書いてください。年齢と性別は最終的な報告書に直す段階で削除します。研究協力者は共著者とはせず、本文中に必要に応じて書いて下さい。

(3)報告書の内容

 形式は自由ですが、例えば、実験的研究では、要旨、序論、実験方法、実験結果、考察、成果報告(論文、学会発表リスト等)をお書き下さい。また、成果報告(論文、学会発表等)取りまとめのため、別途、発表論文および学会発表リスト(Excelファイル)をご提出ください。 ※発表論文や学会発表が無い場合には「無し」と記入して提出してください。

 なお、「特定研究」で研究集会を開催した課題および「研究集会」の報告書には、研究集会のプログラム・参加者名簿(所属機関・部局・職名を明記)・プロシーディングスを添付して下さい。

(4)報告書の提出

 提出締切日は、平成 30 年 2 月末日とします。電子ファイル(PDF)を下記へメールに添付してお送りください。その際、添付ファイル名は課題番号にしてください。(例:29特1-1.pdf , 29ME-1.pdf , 29ME-S2.pdf 等)
※電子ファイル(PDF)の作成が難しい場合はご連絡ください。

提出先:
〒816-8580 福岡県春日市春日公園6丁目1番地
九州大学応用力学研究所事務室 共同利用担当  電話(092)583-7702
メール:

4-4. 研究成果の公開

 研究成果の公開に際しては、九州大学応用力学研究所の共同利用研究として行われたことを明記して下さい。
和文・英文での謝辞例を以下に示します。

謝辞例:
[日本語]
本研究は、九州大学応用力学研究所の共同利用研究の助成を受けたものです。
[英 語]
This work was supported in part by the Collaborative Research Program of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University.

 

PAGE TOP