国立大学法人九州大学 応用力学研究所

English 所内限定 Search Sitemap Site Policy

イベント

  • Home
  • 研究活動
  • イベント
  • 2017 年度

イベント開催のご案内

[ 九大応力研 共同利用研究集会 ]
本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測
に関する研究集会
 
日 時 2017 年 12 月 6 日(水) 13 時 20 分 ~ 17 時 00 分
2017 年 12 月 7 日(木) 09 時 40 分 ~ 12 時 00 分
場 所 九州大学応用力学研究所 西棟6階 多目的研究交流室(W601 号室)  * アクセス案内はこちら
研究代表者 万田 敦昌(三重大学)
所内世話人 広瀬 直毅(九州大学応用力学研究所)
 

プログラム

12月6日(木)

13:20 ~ 13:30
趣旨説明
 
13:30 ~ 13:50
宮崎県における漁海況調査の現状と今後
渡慶次 力(宮崎県水産試験場)
13:50 ~ 14:10
沿岸漁業のスマート化に関する福岡県の取り組み
池浦 繁(福岡県水産海洋技術センター),広瀬 直毅(九大応力研)
14:10 ~ 14:30
対馬海峡に達する栄養塩の起源
高山 勝巳・広瀬 直毅(九大応力研)
14:30 ~ 14:45
休 憩
14:45 ~ 15:05
山陰沖における動物プランクトン分布とカタクチイワシ卵・仔魚の輸送経路 -海況同化モデルの流動場を用いた粒子追跡実験-
宮城 みき(長崎大水産),滝川 哲太郎(長崎大院水産・環境),小針 統(鹿大水産),渡辺 俊輝(山口水研セ),広瀬 直毅(九大応力研),鎌野 忠・秦 一浩(水研機構水大校),山田 東也(水研機構西水研)
15:05 ~ 15:25
山口県山陰沿岸定線 ADCP 往復観測データを用いた潮流調和定数の推定
都倉 雄太(長崎大水産),滝川 哲太郎(長崎大院水産・環境),森本 昭彦(愛媛大沿岸セ),鎌野 忠・秦 一浩(水研機構水大校)
15:25 ~ 15:45
2016-2017 年に観測された富山湾の流動変動
福留 研一・千葉 元(富山高専)
15:45 ~ 16:00
休 憩
16:00 ~ 16:20
解像度 2km 日本沿岸モデルを用いた沿岸滞留時間の推定
坂本 圭・辻野 博之・中野 英之・浦川 昇吾・豊田 隆寛・山中 吾郎(気象研究所 海洋・地球化学研究部)
16:20 ~ 16:40
潮流が励起する不安定による河川プリュームの制御機構
岩中 祐一・磯辺 篤彦(九大応力研)
16:40 ~ 17:00
日本海盆北東部から大和海盆における日本海固有水の溶存酸素量の近年の顕著な減少
中野 俊也・笹野 大輔・北川 隆洋・永井 直樹・北村 佳照(気象庁),青山 道夫(RCGC/JAMSTEC,IER/福島大)
 
懇親会
 

 
12月7日(木)

09:40 ~ 10:00
台風による対馬海峡での高潮位イベントに起因する日本海の数日周期変動
伊藤 雅・井桁 庸介(水研機構日水研)
10:00 ~ 10:20
Estimation of ocean thermal energy potential in the Aguni Basin
劉 天然・広瀬 直毅(九大応力研)
10:20 ~ 10:40
風洞水槽における1次と2次循環流の規則波に対する応答 -(a)順風と(b)逆風のケースにおける流速の応答-
水野 信二郎(九大応力研元教員)
10:40 ~ 10:50
休 憩
10:50 ~ 11:10
冬季の日本海と温帯低気圧間における sub-weekly scale の相互作用
趙 寧・磯辺 篤彦(九大応力研)
11:10 ~ 11:30
日本周辺海域を含む北太平洋の波浪推算とブイデータ比較
久木 幸治(琉球大学理学部)
11:30 ~ 11:50
LGM 以降の津軽海峡からの親潮流入に起因する日本海混合期の形成について
磯辺 篤彦(九大応力研)
11:50 ~ 12:00
総合討論

   
 

PAGE TOP