国立大学法人九州大学 応用力学研究所

English 所内限定 Search Sitemap Site Policy

トピックス・新着情報一覧

  • Home
  • トピックス・新着情報一覧

2011 年度

2012.03.21
報 道
渡邉准教のコメントが3月14日付の山陰中央新報・長崎新聞・福井新聞に掲載されました。
2012.03.15
報 道
内田准教授が開発した風況予測モデル(RIAM-COMPACT)が、3月14日付朝日新聞夕刊「風力発電「風を読む」」という記事において紹介されています。
2012.03.12
報 道
渡邉准教授が、3月5日付朝日新聞「玄海劣化 なお原因不明:目安温度急変 九電は「安全」強調」、3月6日付西日本新聞「原発劣化 消えぬ不安---温度急上昇 謎のまま」という記事において、コメントしています。
2012.03.12
報 道
竹村准教授が、3月9日 NHK(九州・沖縄)「特報フロンティア」において、玄海原子力発電所および川内原子力発電所から大気中に放射性物質が放出された場合の輸送拡散に関して、数値モデルを用いたシミュレーション結果をもとにコメントしました。
2012.03.05
業 績
藤澤教授が、日本物理学会の第17回論文賞を受賞しました。
2012.02.21
報 道
渡邉准教授が、2月15日付毎日新聞の「質問なるほドリ:原発は老朽化するとどうなるの?」において、コメントしています。
2012.02.13
公募案内
東アジア海洋大気環境研究センター(海洋モデリング分野)の教員公募案内を掲載しました。
2012.02.07
報 道
大屋教授が、2月4日(土)0:00~0:30(※金曜深夜)NHK Eテレ(教育テレビ)「サイエンスZERO」に出演されました。2月9日・16日に再放送も予定されています。
2012.02.02
報 道
渡邉准教授が、1月24日付の佐賀新聞「九電、玄海第1号機のデータ開示へ 専門家が疑問示す」、朝日新聞「九電玄海原発、試験片を廃棄か 原子炉劣化の目安」という記事において、コメントしています。
2012.01.25
報 道
内田准教授らが開発した RIAM-COMPACT が、1月24日付西日本新聞で紹介されました。
2012.01.13
公募案内
平成24年度の全国共同利用・共同研究公募案内を掲載しました。
2012.01.13
報 道
大屋教授らの風レンズ風車・博多湾プロジェクト等について、TV 放映されます。
2012.01.06
報 道
内田准教授が、朝日新聞社が提供するニュースサイト asahi.com の11月11日付「点検 再生エネルギー:風車 適地選定がかぎ」という記事において、コメントしています。
2011.12.26
業 績
内田准教授がプレスリリースを行いました。
"環境省委託事業「博多湾浮体式海上風力発電の実証試験」において数値風況予測を実施"
2011.12.22
業 績
永島准教授が、平成23年度吉川允二核融合エネルギー奨励賞を受賞しました。
2011.12.19
報 道
大屋教授らによるプロジェクト、浮体式洋上風力発電の実証試験にむけ、11月30日に博多湾において浮体を進水させました。その様子を多くの報道陣が報道・記事にしています。
2011.12.02
報 道
渡邉准教授が、11月29日付佐賀新聞朝刊「玄海第1号機 ストレステスト開始 脆性遷移温度試験片調べず」という記事において、コメントしています。
2011.11.29
報 道
渡邉准教授が、11月26日付西日本新聞朝刊「老朽化の指標09年温度急上昇 来月から玄海1号定期検査 炉内試験片測定せず」という記事でコメントしています。
2011.11.16
公募案内
核融合力学部門(核融合シミュレーション分野)の教員公募案内を掲載しました。
2011.11.11
業 績
藤澤教授が 2011 年度の仁科記念賞を受賞しました。
2011.11.08
報 道
10月15日に収録された大屋裕二教授の「風を集めて、未来へ」と題した講演(三菱商事presents FM FESTIVAL 2011未来授業)の模様が、11月3日(木)JFN38局ネットで全国放送されました。
2011.11.02
報 道
内田准教授によるRIAM-COMPACT(リアムコンパクト)の風況シミュレーション結果が、2011年11月1日NHK福岡放送局「熱烈発信!福岡NOW」で放送されました。(福岡市の風を可視化)
2011.11.01
報 道
渡邉准教授が、2011年10月26日 FBS 福岡放送「News5 ちゃん」において、当研究所の実験装置を用いた照射実験と鉄系構造材料の中性子による照射脆化(しょうしゃぜいか)について解説しました。
2011.10.25
業 績
内田准教授によるRIAM-COMPACT(リアムコンパクト)の風況シミュレーション結果が、九州大学本部よりプレスリリースされました(10月21日)。
2011.10.19
業 績
内田准教授と大屋教授による論文が、2010 年度の日本風力エネルギー学会論文賞に選出されました。
2011.10.14
報 道
竹村准教授が、2011年10月13日テレビ西日本「ハチナビプラス FNN スーパーニュース」において、越境大気汚染について解説しました。
2011.10.13
報 道
渡邉准教授の玄海原発検証についてのコメントが、10月10日付西日本新聞朝刊に掲載されました。
2011.09.13
業 績
9月12日、東アジア海洋大気環境研究センターが、第七管区海上保安本部より表彰を受けました。
2011.08.26
業 績
竹村准教授が Asian Young Aerosol Scientist Award を受賞しました。
2011.08.02
公募案内
女性教員公募案内を掲載しました。
2011.07.29
報 道
渡邉准教授の伊方原発についてのコメントが、7月27日付愛媛新聞に掲載されました。
2011.07.07
業 績
広瀬准教授がプレスリリースを行いました。
"川内原子力発電所からの仮想的な放射性物質流出に対する海洋拡散シミュレーションを実施"
2011.07.04
報 道
渡邉准教授の玄海原発圧力容器についてのコメントが、7月1日付佐賀新聞、7月2日付西日本新聞に掲載されました。
2011.07.01
報 道
内田助教が、株式会社環境GIS研究所および福岡市と共同で実施した福岡市街地の数値風況シミュレーションの結果が、西日本新聞の朝刊(2011.7.1)に掲載されました。
2011.06.27
そ の 他
共同利用研究成果報告に、2010年度の成果報告書(全国共同利用研究成果報告第14号)を掲載しました。
2011.06.20
そ の 他
平成23年度の共同利用研究一覧・研究集会一覧を掲載しました。
2011.05.27
業 績
竹村准教授が、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会(WG1)第5次評価報告書(AR5)の Lead Author に選出されました。
2011.05.25
業 績
岡本教授が、日本気象学会より 2011 年度気象学会賞を受賞しました。
2011.04.20
報 道
大屋教授が、4月7日RKB今日感ニュースにおいて、「風レンズ風車の大型化と洋上浮体発電ファーム構想」について取材された情報を掲載しました。
2011.04.20
業 績
大屋教授が、中国甘粛省における風レンズ風車を用いた灌漑システムによる貢献が高く評価され、2010年秋に「敦煌賞」を受賞しました。
 

PAGE TOP